へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、北米生産から撤退 販売低迷、フォードとの合弁解消で調整

 マツダが、米フォード?モーターと折半投資する米ミシガン州の落成車工場での合弁事業を解消する方角で最終調整していることが3昼間の時間、わかった。北米生産から撤退し、同工場の運営会社の持ち株はフォードにすべて売却するとみられる。

 同工場は24万台程度の年産才能を有するものの、マツダが生産する「Mazda6(アテンザ)」とフォード車の合計でも年産10万台程度にとどまっている。2011年3月期のアテンザの生産は、10万台規模だった当初予定より大幅に乏しい4万5000台と低迷。マツダは北米事業の損失に対する引当金を計上し、11年3月期連結決算は3期連続の最終赤字となった。

 一方、中南米マーケットの強化をにらみ、マツダは13年をめどにメキシコでの工場建設を検討している。北米への供給はメキシコの新工場と、昼間の時間本からの輸出でまかなうことになりそうだ。

 08年にフォードが資本政策を変更し、保有していたマツダの株式のほとんどを放出したことに伴い、マツダは世界戦略の見直しを進入れいる。この中で、稼働率が低く、採算が悪化していた北米工場の扱いがピントとなっていた。合弁解消にまで踏み込むことで海世間での生産、供給体制の再構築を急ぐ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。