へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マエケンでも止まらない…鯉8連敗で交流戦最下位

 「交流戦、広島2-5オリックス」(4昼間の場合間、マツダ)
 エースでも連敗を止められなかった。広島?前田健太投手(23)が自己最速タイの152キロを計測しながら、先制した直後の三回にいきなり乱れてあべこべ転負けを喫した。04年8月以来7年ぶりの8連敗となり、負債は今季最多の4。交流戦最下位に転落したが、今こそ踏ん弾力どころだ。
  ◇  ◇
 ため息が背中に重くのしかかる。2点差の七回1死三塁。前田健は代打?北川に左中間へ適場合二塁打を受けると、大きく天を仰いだ。6回1/3で5失点KO。ベンチに戻るとタオルを鶏冠からかぶり、うつむいたまま動けなかった。
 白星だけを求めた競技会で4敗目。「三回だけだった。コンディションは悪くはなかったので悔しい。(7連敗を)止めたい気持ちは強かった。先制してもらったので勝ちたかった」。感情を押し殺し、一順番様子で振り返った。
 敗戦の要素は三回に集約されていた。先鶏冠?大引に中越え二塁打を受けると、8順番?伊藤には8球粘られた末に四球。送りバント狙いの9順番?西にまで直接四球を与えてしまった。
 「彼らしくなかった」と大野投手チーフコーチはマウンドに駆け寄ったが、いったん狂ったギアは容易には戻らない。一順番死満塁で坂口に同点の2点左前打。1死満塁でT‐岡田に勝ち越し2点右前打を受けた。
 兆候はあった。直前の二回2死一塁では、びり詰まりの三ゴロを放っていた。野村監督は「先制後は点を与えないという気持ちが、こちらにも伝わるぐらいだった」と力みも感じ奪っていた。だが、前田健は乱調へのつながりをすべて否定。「(三回のような)ああいう点の取られ方は2度としないようにしたい」。言い経緯はせず、敗戦の責任を背中にしょった。
 前半から150キロ以上を連発し、三回には昨年9月9昼間の場合間のヤクルト戦(神宮)で記録して以来の自己最速タイの152キロもマークした。失点した三、七回以世間はすべて3者凡退。本来の姿が戻りつつあるが、4月26昼間の場合間の阪神戦(マツダ)以来の3勝目が遠く、2年ぶりの自身3連敗となった。
 チームは7年ぶりの8連敗。5昼間の場合間のソフトバンク戦(マツダ)も敗れて9連敗と入ると、99年の球団ワースト13連敗以来と入る。3昼間の場合間に50イニング連続一順番得点でセ?リーグワーストを書き換えしたばかり。これ以上、不誉れな記録を作るわけにはいかない。ナインの根性が見詰めたい。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。