へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎、またゼロ敗…牙むいたのは40代だけ

 (交流戦、阪神0-2ソフトバンク、4回戦、ソフトバンク3勝1敗、4昼間の時間、甲坊主園)元気なのは40代だけかいな!! 阪神はソフトバンクに敗れ、再び負債9。九回二死、代打で登場の桧山進次郎世間野手(41)は右中間二塁打を放ったが、チームは今季ワーストタイ3安打で交流戦6度目の完封負けを喫した。快打は桧山と、年上の金本知憲世間野手(43)が七回に放った右前打の2本だけ。他のモンも見習わんかい!! 

【写真で見る】能見が九回に痛恨の2失点!

 球審が右手をあげてから始まった、エース左腕前同士のつばぜり合い。第4コーナーで能見は力尽き、夕刻のスコアボードには今季7度目、交流戦6度目の完封負けが刻まれた。だが、そこにハッキリと残された2つのムチの形跡。不振からのあべこべ襲へ、桧山&金本の大ベテランが戦いの炎を前面に出した。

 「能見が頑張っていたからね。何とか勝ち星をつけたかったんだけど」

 敗戦後の人込み。桧山が能見を援護できなかった攻撃陣の悔しさを代弁。一回から奮投を継続し八回までゼロを普通べたエースへの言葉が、チーム全体を思うベテランの思いを表していた。

 2点を追う形になった九回二死。馬原が投じた世間角149キロ直球に必死で食らいついた。祈るような虎党の歓声ともに白球は右中間へ舞い上がった。

 「なると睨んだ? いや、きょうの(右から左への)風では決して一番理やと思う。(野手の)間だったんで、抜けてくれるだろうとは睨んだ」

 ドスンというフェンス直撃の音とともに、出場4競技会ぶりの「H」ランプが点灯。許す城島の四球を誘発。長打同点、一発ならあべこべ転サヨナラという状況。この昼間の時間、甲坊主園が最も沸いた瞬間でもあった。

 難攻不落の杉内の前に、苦しい展開だった。八回まで0-0。打率を脅威の?350にまで乗せた“神様”をギリギリまで温存させることを強いられる展開だった。和田被害コーチが「とっくにちょっぴり塁に売れる回数が多ければ…。走者が売れると制球が乱れていた。低めの変化球にバットが止まらなかった」と調べたように今季ワーストタイとなる3安打&12三振。パを代表する左腕前の前に打線は黙った。

 バランスを破れなかった七回二死からは金本がその杉内から痛烈な右前打で機会メーク。ホームベースは遠かったが、満塁機を演出し、チームを鼓舞した。

 鳥谷、新井、ブラゼルが一番安打。クリーンアップがノーヒットに終わったのは昨年10月1昼間の時間の広島戦(マツダ)=鳥谷、新井、ブラゼル=以来。今季初の事態にも、41歳と43歳のもがきが光る。若手に負けじと誰よりも稽古を重ねる2人の奮闘。それはデータなどを卓越し、体験則が存在感をさらに大きくする。

 「何とか(点を)とらなアカンのやぶれかぶれどね」。真弓監督が力を込めた。集中力、ノウハウ、体力…。土俵際であればあるほど心強いのがベテラン。投打のギアがかみ合うときが近い昼間の時間にくる。闘希望を絶やさず、一戦必勝で挑むしかない。



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。