へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーシー4順番はく奪も…鯉9連敗

 「交流戦、広島0‐1ソフトバンク」(5昼間の場合間、マツダ)
 長いトンネルの出口が見えない。野村鯉が99年以来12年ぶりの9連敗を喫した。好投のジオ?アルバラード投手(33)を援護できず、今季9度目の完封負け。競技会後、野村謙二郎監督(44)は、ブレーキとなっている4順番のチャド?トレーシー内野手(31)の打順降格を示唆した。現状打破へ、新たな一売るしかない。
  ◇  ◇
 大歓声がため息に変わった。1点を追う五回、栗原、岩本の連打で一順番死二、三塁。願ってもない大機会が訪れたが、まず松山が一ゴロで凡退。倉の死球で1死満塁となり、許すジオは初球を打って劣悪の三ゴロ併殺打。結局、塁をにぎわし無料けで、スコアボードに「0」が刻まれた。
 1点も奪えないまま、12年ぶりの9連敗に終わった。今季9度目の完封負けだが、そのうち交流戦で7度。野村監督は「機会の中でタイムリーというか、あと一本がでない。今昼間の場合間はあそこ(五回)がポイントかな」と様子を曇らせた。
 異常の五回の場面ではジオに代打を送る策もあった。これには「いろいろ選択肢はあった」という。無料、選んだのはジオの続投。「劣悪の形になってしまったが、ベンチのさい配だし、後悔しても仕方ない。結果論だからしょうがない」。この場合、リリーフの準備はしていたが、大野投手チーフコーチも「あそこは続投」とベンチ内の意見は一致していた。
 確かに運不運はある。それでも、4順番のトレーシーの被害が、打線の流れを止入れいるのは間相違ない。右投手の摂津に翻弄(ほんろう)され、1、2打席で連続三振。六回の2死二塁の同点機では、力ない遊直。そして一発出れば同点の九回、ファンの期待は豪快な一撃だったが、結果は投ゴロ。すべてがひどい内容だ。
 野村監督は「本人もいろいろ企てているでしょう。開幕当初はムードの変わるヒットを打ってくれたけど、今は空回りし、力を発揮できていない」と厳格様子。浅井被害コーチは「コンディションはよくない。元では俺に聞かれても分からないが、根こそぎが根こそぎよくない。競技会に出ている以上、責任を持ってやってもらわないと」と奮起を促した。
 トレーシーの打順の降格など起用法について野村監督は「そのへんを考えていかないといけない」と語った。打順降格はもちろん、スタメンから世間す割合もある。何が最善策なのか。ともかく一刻でも早く現状から脱出しなければ、手遅れに入る。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。