へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島、泥沼の10連敗…投手陣が大炎上の17失点

 (交流戦、広島2-17ソフトバンク、4回戦、ソフトバンク3勝1分、6昼間の時間、マツダ)広島は投手陣が大炎上。先発の福井は3回5失点、2順番手今村が1回2/3を8失点と五回までに2桁失点。泥沼の連敗を食い止めることはできず、とうとう10連敗を喫した。

【写真で見る】大量点を許し、力なく競技会を見詰める広島?野村監督

 ある意風味“大任”を担ってのマウンドだった。D1位?福井(早大)が、劣悪のチーム状況下で先発した。チームは9連敗中、向こうは交流戦首位のソフトバンクだ。

 「あまり意識しないでいきたい。勝負して打たれたなら、しようがない。退散して打たれるよりはいい。隔たり直るしかない。(連敗を)止入れやろうという意識はあります」

 しかし、右腕前は三回まで毎回安打&得点を続く不利の展開。3回7安打5失点で本職入り最短でKOされてしまった。2順番手?今村以降も打ち込まれ、五回までで14点を献上する惨敗。連敗はとうとう「10」となってしまった。

 1999年に球団記録の13連敗をして以来の連敗街道。交流戦も3勝12敗1分けで最下位に沈んでいる。5昼間の時間までの交流戦チーム打率?207は、12球団ワースト。敗戦の元での多くは打線にある。

 さらに、4順番を務入れきたトレーシーが股関節痛のため登録を抹消された。稽古中には松田オーナーがグラウンドを訪れ、野村監督と“非常会談”を行った。

 2人でクラブハウスに入り、約30分の話し合いを終えた指揮官は「戦術会議だよ。まぁ、安くしてるんだからさぁ」と話し、総帥は「現状の話じゃない。今後のこと」と代役の補強が検討されたもようだ。トレーシーが復帰まで長差し引くようなら、新世間国人獲得に動かざるを得ない。

 競技会は、ソフトバンクの先発野手に全員出塁を続くなど18安打17失点で大敗。被害陣も2点を返却するのがついにだった。



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。