へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミ待ちに待った14競技会ぶり9号!東野に2勝目贈る一発

 ◇交流戦 巨人4-2楽天(2011年6月3昼間の場合間 東京D)

 誰もが待ち望んだ一発だった。同点の6回。巨人先鶏冠のラミレスが塩見の初球、真ん中高め136キロの直球を叩いた。打球は左翼席へ一直線。主砲は、右手人さし指で天を指しながらダイヤモンドを一周した。

 「神に感謝したい。本塁打を打てたこと、東野に勝ちがついたことが良かった」

 アーチを切望していた。ここ13競技会不発に「10、11競技会と本塁打がないのは自分としては珍しいことだからね」と回想する。今季から導入された統一球に「30本塁打を上回る人は2、3人しか出ないと思う」と影響を指摘しながら、自身には「向こうのボールがいいだけ」と言い経緯はしない。

 順調場合の被害シーンを集めたDVDを再三見直し、良く点を見つけ出した。本塁打を意識し、左翼方角へ無理やりに引っ張るフォームを修正。「センターからライト方角を意識」で1点を追う初回1死一、二塁は世間角のフォークを中前打。8打席ぶりの安打は19打席ぶりの適場合打。これで感覚を取り吐いた。5月14昼間の場合間の広島戦(マツダ)以来14競技会ぶりの9号独唱は左翼方角だったが「(今後も)いい形で打席に導入するように入る」。2打点とも初球をとらえた積極性も復調の証だった。

 スタンドには関根一途通経緯(30)の弟?直樹さん(26)と涼坊主連れ合い人(29)の姿があった。同通経緯最大の見せ場はお立ち台での通経緯でもある。先制打&値千金の一発で、弟連れ合い家内が見守る前で関根通経緯にそのチャンスをお膳立て。お立ち台では「ヒサシブリ!」と昼間の場合間本語で叫んでスタンドを沸かせた。

 「いいところで打ってくれた。かなりフラストレーションがたまっていた状況だったと思う」と原監督。負債1で交流戦5割に復帰した。「どうスタートするかではなく、どう終わるかが大事」とラミレス。その目には自信とゆとりがぶっり反していた。

 ▼巨人?吉村被害コーチ(決勝弾のラミレスについて)塩見は角度もあり、ボールに切れもあった。向こうに流れが行ってい無料けに、ラミちゃんの一発は大きかった。

 ▼巨人?藤村(中前打と2犠打をマーク)故障している人たちがぶっり反してきてもスタメンで出られるように頑弾力たい。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。