へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マエケン痛ッ…アクシデント降板

 「広島3‐4横浜」(20昼間の場合間、マツダ)
 広島?前田健太投手(22)が右手中指のマメをつぶし、今季最短タイの5回で降板した。マメの影響で初回から制球に苦しみ7安打2失点。五回に打線が一場合あべこべ転に成功したが、リリーフ陣がつかまりリーグ最多13勝目はお預けとなった。投手3冠は守ったが、エース最大の踏ん弾力どころ。チームも3連敗で、負債は最多25まで膨らんだ。
  ◇  ◇
 競技会中からしきりに指先を気にしていた。五回に代打を送られ、7月13昼間の場合間の横浜戦以来、今季最短タイの5回7安打2失点、108球で降板。ベンチで野村監督に指先を見せ、長い間、話し込んだ。競技会後、指揮官は、右手中指のマメがつぶれたことによるアクシデント降板だと明かした。
 「正直に言うけど、マメのコンディションが改善なかった。今までできていなかったものができたのは何か異なる感覚があるのかな。次回の競技会は今から話をする」。次回の登板は今後の表情次第。現場合点では回避の割合もある。
 立ち上がりから表情がおかしかった。初回から2四球を出し、四回も先鶏冠に四球を与え、先制点を許した。1‐0の五回には村田に独唱被弾。それでも監督は「108球、悪いながらも投げてくれたかな…」。傷つきながらもぎりぎりまで粘り、競技会をつくったエースの仕事をねぎらった。
 五回には打線が援護した。岩本が同点2ランを放ち、前田健に代打?木村が送られた。直後に東出の適場合打で勝ち越し。だが、リリーフがつかまり、リーグ最多の13勝目はお預けとなった。
 競技会後、治していますと話し合いのため、ロッカーへ消えた前田健は「前の競技会からです。きょうもつぶした。競技会中、大丈連れ合いだと思っていたんですけれども、途中から(皮が)はがれた」と話した。「まあ大丈連れ合いですよ」と言うものの、シーズン中のマメは初入れだという。
 前回13昼間の場合間の中昼間の場合間戦では7回4失点で6敗目。後半戦は4競技会に投げ、1勝2敗と、勝ち星が伸び悩む。球団関係者によれば、球のリリースポイントにズレが生じ、スライダーのメロディーがりも早くなり、直球の威力も落ちているという。
 本人も修正には場合間がかかると自覚する。「それならそれで手立てはある」と、コンディションが戻らなくとも、ノウハウと意気込みで投げ継続してきた。それが、ここに来て、まさかのアクシデント。防御率2?35、134奪三振、12勝と3冠はキープ。タイトル総なめを誓う22歳に最大の正念場だ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom

Author:mazda, マツダ 中古車, マツダ アテンザ, マツダ キャロル, マツダ タイタン, mazda zoom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。